1973
福岡生まれ
1998
京都工芸繊維大学卒業
1999
京都府立高等陶工技術専門校卒業
卯山製陶入社
確かな技術で作られた白と黒の器

山田茂樹さんが作られるしのぎや輪花の器たち。しのぎはもちろん、輪花の花弁の部分までも型ではなく手で作り出されています。手作業の良いところは大きさや花弁の数を自由に変えられるところだそうです。スタンダードで長く付き合える粉引と黒釉。粉引はなめらかな艶感としのぎによる色合いの変化を楽しめ、黒釉はセミマットな質感で引き締まった印象です。

山田 茂樹 55件の商品